設備紹介

フッ素イオン導入器「バイオキュアー」

フッ素イオン導入器「バイオキュアー」イメージ図
フッ素イオン導入器「バイオキュアー」画像1
フッ素イオン導入器「バイオキュアー」画像2

フッ素で歯が丈夫になる!?

フッ素で歯をコーティングすることで、酸から歯を守る「フルオロアパタイト」を形成します。

当院では、通常取り込まれにくいフッ素を効果的に取り込むことができる、「フッ素イオン導入器パイオキュアー」を使用して、効果的にフッ素の取り込みができるようにしております。

フッ素イオン導入法画像1

フッ素は単体では存在しない
不安定な元素のため、常に
他の元素とくっついています。

フッ素イオン導入法画像2

パイオキュアーによってフッ化
ナトリウムを電気的に分解する
ことでフッ素をイオン化させる
ことが可能です。

フッ素イオン導入法画像3

パイオキュアーは、人体(歯)
を一時的にプラス極性にし、
マイナス電荷を帯びている
フッ素イオンを取り込みやす
くします。

高温オイル消毒器「デンティスター」

高温オイル消毒器「デンティスター」画像

当院では、使用後のハンドピースを速やかにリセットできる「高温オイル消毒器デンティスター」を導入しています。

複雑な構造で分解の困難なタービンヘッドの内部までをも、素早くすっきりと殺菌&洗浄します。

プロトロンビン時間(PT)測定機器 『INRatio2 メーター』(アリーア メディカル)

プロトロンビン時間(PT)測定機器 『INRatio2 メーター』(アリーア メディカル)画像

当院では、プロトロンビン時間(PT)測定機器 『INRatio2 メーター』(アリーア メディカル)を導入しました。

高齢化が進み、抗凝固剤のワーファリンを服用されている患者様も多くいらっしゃいます。

ワーファリンを服用されている患者様は、血栓予防のためワーファリンを服用されているため、止血に時間がかかる傾向にあります。また、患者様により服用量が違うため、抜歯などの観血処置を行う場合、内科主治医に休薬期間などを問い合わせたうえで処置をしていました。

しかし、この機器により、指標として用いられる「PT-INR(プロトロンビン時間-国際標準比)」が院内で迅速に(1分ほど)、指先の穿刺による一滴の血液で測定できます。

パノラマ/セファロX線撮影装置「PLANMECA ProMax」

パノラマ/セファロX線撮影装置「PLANMECA ProMax」画像1
パノラマ/セファロX線撮影装置「PLANMECA ProMax」画像2

より安心して治療を受けていただくためにCTを導入しました。

普通のレントゲンではみれなかった歯や顎骨の状態を3次元的にみることができ、

より確実な診断のもとで、より安心して治療を受けることができます。

導入したCTは、GCのPLANMECA ProMaxです。